スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョコちゃん 6歳で天国へ

去る8月20日、自宅にてミニウサギのチョコちゃんが6歳で、この世を去ってしまいました。
その後、21日に火葬してもらい、今に至ります。
チョコちゃんはとても撫でられるのが好きで、誰に対しても、頭を低くして、「撫でて。」と催促していました。母によると、20日にも、このように催促してきたそうです。チョコちゃんの部屋はまだ残してありますが、最近でもチョコちゃんがいるような気がして、悲しくなります。それぐらい、かけがえのない存在でした。メイちゃん、くりちゃんも何となく理解しているらしく、不思議そうにチョコちゃんの部屋を見ている時もあります。僕たちだけでなく、他のペットたちにもチョコちゃんは忘れない存在だったのでしょう。

チョコちゃん、今までありがとう。


不思議そうに見ているくりちゃん。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。